ロタウイルスワクチンが定期接種に加わります


ロタウイルス感染症は、急性胃腸炎を引き起こす乳幼児期にかかりやすい感染症です。
令和2年10月1日からワクチンが定期接種化されます。
口から飲むワクチンで種類は2種類あります。効果はどちらも同じですが、必ず同一のものを最後まで接種してください。

■対象 令和2年8月1日以降に生まれた赤ちゃん
   対象者には、生後2か月を迎える月の前月末までに予診票をお送りします。
   (例)令和2年9月28日生まれの場合・・・令和2年10月末までに予診票を送ります。

■接種方法
  ① ロタリックス(1価ロタウイルス)生後6週~24週に2回
  ② ロタテック(5価ロタウイルス)生後6週~32週に3回
 ①か②のどちらかを選んで接種します。いずれも27日以上の間隔をあけて接種します。

詳しくは、
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP