武蔵村山市予防接種情報提供サービス

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)

 平成25年6月14日付で厚生労働省より勧告がありましたので、現在、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を一時的に控えています。
 接種に当たっては、有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解したうえで受けるようにしてください。

【対象者】 小学校6年生から高校1年生までの女子

【接種回数・間隔】 3回(標準的には中学1年生)
 接種間隔はワクチンの種類によって異なります。

●サーバリックス(2価ワクチン)
 2回目:1回目から1か月後
 3回目:1回目から6か月後

●ガーダシル(4価ワクチン)
 2回目:1回目から2か月後
 3回目:1回目から6か月後

【お知らせ】
 平成25年6月14日付で厚生労働省から勧告があり、子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが、本ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
 そのため、今年度の勧奨対象者(中学1年生の女子)においても、現時点でご案内通知を市から送ることはできませんのでよろしくお願いします。
 ただし、対象年齢で接種を希望する場合は接種することができますが、有効性とリスクについて十分に理解したうえで接種してください。
 また、接種するには予診票が必要となりますので、母子健康手帳を持参のうえ、保健相談センターまでお越しください。
 なお、今後厚生労働省より再開等の情報が入り次第、対象者には御案内いたします。

※すでに接種を開始されている者が、接種を控えることにより、規定の接種間隔や対象年齢を超えてしまう場合の経過措置等についても、今後厚生労働省より情報が入り次第、後案内いたします。

>>詳細はこちら

≪戻る